古本買取で値引きされてしまう条件とは


古本買取では様々な本が買取の対象となっていますが、その価値が常に一定と言うようなことはありません。 全く同じ本であっても、古本買取を依頼するタイミング、古本買取を行っている業者などによって、価値は様々に変わってくるのです。 さて、それではなるべく高く買い取ってほしいという際に知っておきたい「買い取り額が値引きされてしまう条件」とはどういったものなのでしょうか。 これはまず「本の状態が悪い」ということが挙げられます。 例えばページが痛んでいたり、表紙が色あせてしまっていると、それだけで本としての価値は下がります。 また落書きがあったり、ページが破れているというような場合であれば、それがよほど希少な本でもない限り価値はゼロとなってしまうでしょう。 また「市場流通量」も関係しています。 例えばある絶版となっているコミックを買取に出した場合、それが生産されていないのであればその本は新品の時よりも高い価値を持つでしょう。 しかし出版社がそれを復刊させ、再度市場に流通させるようになったのであれば、いわゆるマニア向けの書店以外では価値が大きく下がってしまうこととなります。 「初版本」や「絶版だった時期の本」ということで特別な価値が付くこともありますが、全国規模で営業を行っているチェーン店などの場合にはあまり期待することはできないでしょう。 古本買取でより高額で買い取ってもらうには、普段から本を大切に扱うことが重要です。 いざ手放す時に後悔しないよう、しっかりと保管するように心がけましょう。